初めての葬儀

事前相談

お葬式は、多くの方が突然の不幸が起きてからの打ち合わせとなり、心理的に正常な判断がつかず、葬儀の流がよくわからないまま、サービスの内容や料金体系を理解できずに契約をして、葬儀担当者からいわれるがまま、葬儀を済ましているのが現状です。

クレオホールでは、お葬式を行う上で、万が一の時に慌てない為にも事前に生前のお葬式の手順・費用・計画などをご相談に応じて承っております。
葬儀は多くの人にとって経験もなく、また、お亡くなりになった悲しみの中、短時間で打ち合わせ、準備をはじめなくてはなりません。
慌てないためにも、事前にご相談や手順、費用等わからない点があればお答えさせて頂きます。

もしもの時に備えて

印鑑を用意しておきましょう。
*死亡届、火葬場申込や様々な手続きに必要となります。
ご当家の宗旨・宗派などを確認しておきましょう。
*葬儀形式には、仏教・神道・キリスト教・無宗教などがあり、飾り付けにそれぞれ違いがあります。
*寺院名(神社・教会名)と電話番号などを確認しておくとよいでしょう。
写真や衣服、愛用品を探しておきましょう。
*祭壇に飾る遺影写真が必要です。記念写真から引き伸ばすこともできます。
*背景を消したり服装を礼服などに修正することもできます。
*できるだけ鮮明で、ピントがはっきりしている写真をご準備ください。
*愛用されていた衣服や愛用品があれば、納棺時に納めさせていただきますので用意しておきましょう。
連絡先リストを作成しておきましょう。
*もしもの時に、親戚・友人・勤務先・町内・学校などへ、あわてずに連絡がとれるように、
 一覧表を作成しておきましょう。
*連絡してほしい人を事前に聞いておくことも大切です。
親戚や参列者数を把握しておきましょう。
*礼状・返礼品・料理の手配をするために親戚や参列者数を、ある程度把握しておく必要があります。
*おおおよその人数は、親戚・友人・勤務先・町内・学校関係をあわせれば把握できます。
*また年賀状の枚数を参考にするのもよいでしょう。

病院で亡くなられた場合

  • 弊社寝台車が24時間お電話一本で。病院までお迎えにお伺い致します。
  • 亡くなられた時に、医師・看護婦さんから病院指定業者(寝台自動車業者=葬儀社)をご紹介された場合には、「知り合いの葬儀社に依頼します」とお申し出下さい。
    尚、病院指定業者をお断りになっても、何ら支障はございません。

ご自宅で亡くなられた場合

  • 臨終の場に医師が立ち会っている場合は『死亡診断書』をもらいます。
  • かかりつけの医師がおり、医師が立ち会っていない場合は、 ただちに医師を呼び、病気による自然死であることが確認されるまでは、遺体に触れないようにします。
  • かかりつけの医師もなく、突然亡くなられた場合は、まず119番に通報し、 救急車を呼んで救急隊員が死亡を確認して警察を呼びます。

なるほど仏事お葬式のマナー